ICT教育

世界のICT教育の勢いを感じた“Bett Show 2016”

世界のICT教育の勢いを感じた“Bett Show 2016”のアイキャッチ画像

今年1月にロンドンで「Bett Show」というICT教育の展示会がありました。 イギリス、欧州のみならず世界100ヶ国以上から教育関係者や企業、そして子どもも参加できる、年に一度の展示会で、出展社数は2015年が779社、今年は867社、来場者数は開催4日間で4万人以上というビッグイベントです。
もちろんナイトズーキーパーのイギリスチームも出展し、たくさんの先生や企業の方にナイトズーキーパーの魅力を伝えることができました。
今回のBett Show 2016ではとてもたくさんの製品が展示されていましたが、その中からナイトズーキーパーの魅力に勝るとも劣らない注目した製品を2つご紹介します。 子どもたちに新しい学びの形を提供したいという彼らの独創的なアイデアと革新性を追求する姿勢は、私たちのこれからのサービス作りにも大きな刺激になりました。

160323-02

床が教材に、インタラクティブ空間に!

教室などの床を利用し、限られた同じ空間で体を使って様々な学習や運動、遊びができる「Wize Floor」。 デンマークのAlexandria Institute社が開発した、幼稚園から小学校、障害施設向けの製品です。
床に投影された画面が手足や物に触れると反応するようになっている、いわば床がタッチモニター状態で、上部に設置したカメラが子どもの動作を認識し、動きに反応した様々なアクションをコンテンツ内で享受できます。

160323-03

体を動かして楽しく学習することは子どもたちが大好きですが、場所や教材の準備が大変なので、先生もそう簡単に授業に取り入れにくいと思います。 Wize Floorは「場所」「時間」「手間」「量・種類」の負担をICTによって解決しようとしています。
そして、Wize Floorの最大の注目点は、Wize Floorで使うコンテンツを子どもたちで作ることができるのです。 音や文字を入れることができ、とてもインタラクティブなプレゼンテーションを作ることもできそうですよ!

音で広がるイマジネーション!

生徒一人一人がヘッドフォンを着け、流れてくる話や音などをみんなで同時に聞きながら、それらにそった課題解決や創作といったアクティビティを行う「Now Press Play」。 イギリスのnow press play社が5歳から14歳までを対象に開発した製品です。
生徒は音だけを頼りに頭の中に情景を思い描く必要があるので非常に集中力が高まり、想像力のトレーニングのようです。 しかも何度も見直せる本やデジタル教材ではないので、リアルタイムに物事を吸収、判断する力が養われます。

160323-04

Now Press Playで提供されるコンテンツには物語、数学、歴史、理科などさまざまな種類があり、それぞれのテーマにそったアクティビティが用意されています。 問題に答えたり、文章によるレポートをしたり、生徒同士で議論をしたり。
例えばある歴史のコンテンツでは、生徒がピラミッドを作る人となって当時の生活やピラミッドに関する出来事を耳から聞こえる音で再現されます。 まるで古代エジプトにいるかのような没入感があり、歴史への興味を掻き立てるのです。

VRでナイトズーキーパーの世界へ!

最後は私たちナイトズーキーパーのイギリスチーム。
クリエイティブ&ライティング学習ツールがメインの製品ですが、Bett Show 2016で初お披露目となったVRアプリをご紹介します!
「VR」とはVirtual Realityの頭文字をとった呼称で、目を覆うヘッドマウントディスプレイを装着して360度全方位の空間体験を主に指します。

160323-05

ナイトズーの世界をこのVRで再現して、さらにその中でライティングミッションを取り入れました。 ナイトズーキーパーのキャラクター「スパイキリンのサム」に乗ってナイトズーを巡り、ストーリーを聞きながらイマジネーションを広げ、ミッションに挑戦します。
開発したばかりなので、まだ内容は少ないですが、引き続き企画、開発を進めてパワーアップしていくのでご期待ください!

日本でもiPhone(iPhone 5以上)をお持ちの方はApp StoreからこのナイトズーキーパーのVRアプリをダウンロード(120円)して体験できます。 iPhoneをヘッドマウントで装着するための道具が必要ですが、簡易なGoogle cardboardというダンボール素材で組み立てるタイプのものが1,000円程度でamazonに売っていますのでVRアプリに興味ある方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

Download_on_the_App_Store_JP_135x40

各種商品やご利用中の
サービスに関する
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

06-6131-8261

(平日10時 - 18時)

メールでのお問い合わせ

ブログカテゴリー
Newsカテゴリー

お問い合わせ